2017/07/14

ディズニー映画の英語の簡単な短い愛の名言集

lovedisney

これまでもディズニー映画の名言、名セリフはたくさん紹介してきましたが、 今回は中でも特に覚えやすいショートフレーズをまとめてみました。あまり長い文章は苦手という人にもってこいの、愛情溢れるディズニーの名言です。

スポンサーリンク

アナと雪の女王の名言

olaf

Some people are worth melting for.

君のためなら溶けても構わないよ(溶けるに相応しい人もいるんだよ。)

雪だるまのオラフにとって「溶ける」ということは「命をかける」、「自分を犠牲にする」といった意味があります。

to be worth +動詞進行形で「~するに相応しい」という意味になります。

オラフの名言&名セリフ」でも紹介したオラフの名言です。

シンデレラの名言

cinderella

So this is love…

ああ、これが愛なのね。

ディズニーのプリンセスが残した英語の名言集」でも紹介したシンデレラのセリフ。

くまのプーさんの名言

phoo

Any day spent with you is my favorite day. So, today is my new favorite day.

あなたと一緒に過ごす日はいつだって僕のお気に入りの日さ。だから今日は新しいお気に入りの日だよ。

ディズニー映画の名言&名セリフ 英語」でも紹介したプーさんのセリフ。

ムーランの名言

mulan

Deep in my soul I know that I’m your destiny.

心の奥で感じるの私はあなたの運命だって。

ディズニー映画 英語の恋愛フレーズ集」でも紹介したムーランのセリフ。

destinyは「運命」、「定め」、「宿命」などの意味があります。

ピーターパンの名言

peter

You mean more to me than anyone else in the whole wide world.

この広い世界で君は他の誰よりも僕にとって大切なんだ。

ピーターパンのセリフ。

You mean more to me than~で「あなたは~よりも私にとって意味がある((大切である)」といった意味になります。

ヘラクレスの名言

hercule

When I’m with you, I don’t feel so alone.

君といると、それほど孤独を感じないんだ。

ヘラクレスのセリフ

to feel aloneで「孤独を感じる」というフレーズになります。

カールじいさんの空飛ぶ家の名言

up

My name is Dug. I have just met you and I love you.

私の名前はダグです。会ったばかりだけど、あなたを愛しています。

カールじいさんの空飛ぶ家」のダグの名言です。

to have just +動詞過去分詞で「~したばかり」という意味になります。

プリンセスと魔法のキスの名言

tiana

8、My dream wouldn’t be complete without you in it.

私の夢はあなたぬきでは完成しないわ。

「プリンセスと魔法のキス」のティアナのセリフ

withou~で「~なしで」、「~抜きで」といった意味になります。

ファインディング・ニモの名言

dory

When I look at you, I can feel it. I look at you and I’m home.

あなたを見ると、感じるの。あなたを見ると、自分が家にいるってことを。

ファインディング・ニモ」のドリーのセリフ

to look at someoneで「誰々を見る」、「誰々を見つめる」といった意味になります。

リトル・マーメイドの名言

ariel

You’re the one that I’ve been looking for.

あなたこそ私がずっと探してきた人よ。

リトル・マーメイドの「アリエル」のセリフ。

to have been +動詞進行形で「(継続して)~してきた」といった文章になります。

Mr.インクレディブルの名言

mr

You are my greatest adventure.

君が俺の最高のアドベンチャーさ。

Mr.インクレディブル」のセリフです。

my greatest~で「私にとって最も~な」という意味になります。

モンスターズインクの名言

Sully

I wouldn’t have nothing if I didn’t have you.

もし君がいなかったら僕には何もない。

「モンスターズインク」のサリーのセリフ

文法的にはI wouldn’t have anythingというのが正しい言い方ですが、会話分では強調するときに動詞の否定と「nothing」を一緒に使うことが多々あります。If I didn’t+動詞 I wouldn’t+動詞で「もし~じゃなかったら~じゃない」という非現実的な条件文になります。この場合は、実際には「(君は僕の側にいるけれど)もしいなかったら僕にはなにもなくなってしまう」というニュアンスになります。

アラジンの名言

Aladdi

Let me share this whole new world with you.

この全く新しい世界を君とシェアさせておくれよ。

アラジンのセリフ

Let me +動詞で「~させて」という命令文になります。

塔の上のラプンツェルの名言

lapunte

I’m where I’m meant to be.

私は自分のいるべき場所にいるのよ。

塔の上のラプンツェル」のラプンツェルのセリフ。

ピートとドラゴンの名言

As sure as rivers flow, I’ll never let you go.

川が流れるくらい確かに、僕は君を決して離しはしないから。

ピートとドラゴンのセリフ

as 形容詞 as~で「~くらい~に」、「~と同様に~~だ」といった意味になります。