2017/07/21

くまのプーさんの英語の名言&名セリフ

pooh2

「くまのプーさん」といえばその可愛らしさや愛嬌とは別に数々の名言を残したキャラとしても知られています。特に友情を大切にするプーさんの友達に贈る言葉は心に染みます。そんなプーさんの名言、名セリフを英語で見ていきましょう。

スポンサーリンク

くまのプーさんの名セリフ

1、“If you live to be a hundred, I want to live to be a hundred minus one day so I never have to live without you.”

もし君が100歳まで生きるのだとしたら、僕は100歳マイナス1日だけ生きたい。そうすれば一度も君なしで生きなくてすむから。

I never have to +動詞で「決して~しなくてもいい」、「一度も~しなくてもいい」といった表現になります。

2、“How lucky I am to have something that makes saying goodbye so hard.”

さよなら、を言うのがこんなにつらくなる何かを持っていて、僕はなんてラッキーなんだろう。

How +形容詞+ I am~で「私はなんて~なんだろう」というフレーズになります。

3、“Some people care too much. I think it’s called love.”

人によっては気にかけ過ぎるんだ。(でも)それを愛と呼ぶんだと僕は思う。

to care は「気にかける」、「心配する」、「世話をする」といった意味の動詞です。

4、“It is more fun to talk with someone who doesn’t use long, difficult words but rather short, easy words like “What about lunch?”

長くて、難しい言葉より、「昼食でもどうだい?」といった短くて、簡単な言葉を使う人と話すほうが面白い。

5、“I think we dream so we don’t have to be apart for so long. If we’re in each other’s dreams, we can be together all the time.”

僕らが夢を見るのは長い間離れなくてもいいようにだと思うんだ。もし僕らがお互いの夢に出てきたら、ずっと一緒にいられるからね。

to be apartで「離れる」、「別れる」、「別々になる」といった意味になります。

6、“People say nothing is impossible, but I do nothing every day.”

なにも言わないことは不可能だけど、僕は毎日何もしないんだ。

to do nothingで「なにもしない」といった否定文になります。

7、“Rivers know this: there is no hurry. We shall get there some day.”

川は知っているんだ。急ぐ必要がない、僕らはいつかそこにたどり着くってことを。

shallはこの場合、「will」と同様の未来を表す品詞になります。

8、“If the person you are talking to doesn’t appear to be listening, be patient. It may simply be that he has a small piece of fluff in his ear.”

もし相手があなたの話を聞いてないようでも、我慢するんだ。もしかしたらただ、耳に小さな綿ぼこりが入っているだけかもしれないから。

fluffは「綿毛」、「ゴミ」、「ふわふわしたもの」などを表す名詞です。

9、“I used to believe in forever, but forever’s too good to be true”

僕は「永遠」を信じていたんだけど、永遠が真実だとしたらできすぎてる。

used to +動詞で、「昔は~していた」、「よく~していた」といった過去の習慣を表すフレーズになります。

10、“Some people talk to animals. Not many listen though. That’s the problem.”

動物と話す人はいるけれど、動物の言うことを聞こうとする人はしかし多くない。それが問題なんだ。

thoughは「しかしながら」、「にもかかわらず」などを表す副詞です。

11、“When you see someone putting on his big boots, you can be pretty sure that an adventure is going to happen.”

もし誰かが大きなブーツを履こうとしていたら、必ず冒険が始まるから。

you can be pretty sure ~で、「あなたは~だということの確信が持てる」という意味になります。

12、“What I like doing best is nothing.”

僕が最も好きなことはなにもしないことだ。

13、“Just because an animal is large, it doesn’t mean he doesn’t want kindness; however big tigger seems to be, remember that he wants as much kindness as roo.”

その動物が大きいからといって、優しさを求めていないということではないんだよ。どんなに虎が大きくても、 カンガルーと同じだけの優しさを求めていることは覚えておいて。

Rooは「kangaroo」の省略系です。

14、“If ever there is tomorrow when we’re not together… there is something you must always remember. you are braver than you believe, stronger than you seem, and smarter than you think. But the most important thing is, even if we’re apart… I’ll always be with you.”

もし僕らが一緒にいられなくなる「明日」がいつか来るとしたら、絶対にこれだけはいつも覚えておいて。君は君が信じているよりずっと勇敢で、見かけよりずっと強く、君が思っているよりずっと利口だから。でもなにより大切なのは、僕らが離れ離れになっても、僕はいつも君と共にいる、ということ。

15、“You can’t stay in your corner of the forest waiting for others to come to you. You have to go to them sometimes.“

ほかの人が来てくれるのを森の隅っこで待っていちゃだめだよ。たまには君のほうから彼らのところに行かないと。

16、if bears were bees, They’d build their nests at the bottom of trees…“

もし熊が蜂だったら、木の下に巣を作るだろうね。

If +主語+were ~で非現実的な仮定文になります。

17、“A little consideration, a little thought for others, makes all the difference.“

少しの思いやりと、少しの他人のための気遣いが、全ての違いを生むんだ。

considerationもthoughtも日本語にすると、どちらも「思いやり」、「配慮」などと訳されますが、considerationのほうがどちらかというと「熟考」、「考慮」といったフォーマルで深い意味を持つ印象があります。

18、“Did you ever stop to think, and forget to start again?“

まさか考えるのを止めて、やり直すのを忘れたわけじゃないよね?