映画で英語を勉強するなら字幕教材がおすすめ! 初心者にも最適

映画を楽しみながら、無理なく英語を覚えたい、というのは英語学習者にとっての理想の勉強方法じゃないでしょうか。そんな理想を叶えてくれる夢のような字幕教材をご紹介します。



スポンサーリンク


映画で英語を勉強するには字幕が鍵になる!

映画を使って英語を学ぶのに最も重要なのは字幕です。といっても日本語字幕のことではありません。英語字幕のほうです。

通常、洋画を見る場合は日本語字幕を見てしまうはずです。これだと意味こそ英語の文章が翻訳されますが、英語として理解することはいつになってもできません。

一方で英語字幕を見れば映像、音のほかに文字が加わり自然と理解力が増します。最初の頃はそもそも映画を見ても単語、単語が聞き取れないので会話を理解するのに苦労しますが、分からない単語はその都度メモったり、意味を調べたりしていけば、聞き取れなかった単語も次第に分かるようになってくるものなのです。

もちろん最終的なゴールは日本語字幕も英語字幕も使わずに映画を理解することです。そのスタートとしてまずは英語字幕を使うことをおすすめします。

映画に英語字幕が使えるサービス&教材

映画に英語字幕が付けられるサービスはいくつかあるのでそれを紹介します。

Hulu

Huluは月額933円(税抜き)で映画、ドラマ、アニメなどが見放題の動画配信サービスです。特に多くの海外ドラマを取り扱っていて、「ウォーキングデッド」、「プリズン・ブレイク」、「ゲーム・オブ・スローンズ」など人気シリーズがいち早く視聴できます。

Huluがほかの動画配信サービスと違うのは、日本語字幕以外で英語字幕が付けられる点です。これがあれば字幕からボキャブラリーを書き起こすことができるので、英語の勉強には最適です。

値段もリーズナブルだし、2週間の無料体験もできるのでぜひ試してみてください。

>>Huluの詳細を読む

超字幕

さらに本格的に映画で英語を勉強するなら、「超字幕」シリーズがおすすめです。「超字幕」はパソコンやiPhone、iPadにダウンロードして映画と英語の勉強が楽しめる本格的な学習教材です。

動画を見てもらえば分かりますが、一番の特徴は英語字幕と日本語字幕を同時に表示できることです。これだと辞書を使う手間も省くことができます。

さらに単語の意味を詳しく調べたい場合は英単語をマウスオーバーするだけで辞書が使える、という機能まで付いています。ちなみに辞書は「リーダーズ英和辞典」、「リーダーズ・プラス」を収録。

字幕の切り替えも、英語のみ、日本語のみ、英語+日本語、字幕なしの全てに対応しているので、自分の英語レベルに合わせた方法で視聴できます。

さらに字幕の配置場所も画面の下、画面の右の二つから、文字の大きさも複数のサイズから選べるようになっています。

さらに気になるフレーズを「お気に入り」として登録して後で見直すこともできます。あのフレーズなんて言うんだっけみたいなことって結構あると思うんですけど、この機能のおかげで何回でも復習することができるようになっています。

中でも一番英語の勉強に役立つのはリスニングのクイズ機能です。劇中に流れたセリフを聞き取りながら、穴埋していく機能で、リスニングだけでなく、ライティングにも役立ちます。

ただ、字幕機能が付いているだけでなく、これだけ英語学習をサポートする機能がたくさん付いていたら、覚えないはずがないです。あとはやるかやらないかだけですね。

超字幕シリーズは人気の映画をたくさん取り扱っているので、きっと好きな映画が見つかるはずです。自分の思い入れのある映画で勉強するのは本当に楽しいですよね。値段も3000円前後とリーズナブルなのでぜひ一度試してみてください。

>>超字幕の映画タイトル一覧はこちら