ネイティブキャンプ英会話の評判、メリット&デメリットを知ろう!

native

オンライン英会話学校ネイティブキャンプで実際に体験レッスンをしたので、そこで感じたこと、気づいたことを正直にメリット・デメリットにわけてまとめてみました。

まずはデメリットから

ネイティブキャンプのデメリット

1、レッスン時間が短い

これはほかのどのオンライン英会話学校も同じですが、なぜ1レッスン25分なのかが理解できません。もしかしてフィリピン人の集中力は25分で切れる、ということなのでしょうか。

いずれにしろこれを45分か1時間といった時間にすればもっと濃いレッスンができるようになるでしょう。特に教材を使って文法やビジネス英語といったことを学びたい人には、ある程度レッスン時間がないといつも途中で終わるようなことになるのできついです。

2、ネイティブ講師がいない

ネイティブキャンプという言うからには、ネイティブの講師がいるのだろうと思っていましたが、ネイティブはいませんでした。講師は全員フィリピン人で、オフィスはセブ島にあるようです。

もちろんこれでネイティブがいたら値段はもっと高くなるでしょうが、ネイティブのコースとフィリピン人のコースとプランを分けるといった選択肢もあっていいと思います。

ネイティブキャンプのメリット

1、講師のランキングがある

boon17

講師のランキング制度があるというのもとても面白いなあと思いました。これを見ると優れた講師が一目瞭然です。レッスン後には講師に対するレビューを書けて、そのレビューをほかの生徒が読むこともできるので、とても公平だなあと思いました。

これで態度の悪い講師ややる気のない講師は自然と人気がなくなり、真面目で熱心に教える講師には人気が集中することでしょう。

2、レッスンは講師の自宅ではなくオフィスから

前述したように、セブ島にオフィスがあり、そこに講師たちがスタンバイしているようです。ほかのフィリピン人によるオンライン英会話スクールだと、自宅からそれぞれがスカイプを使って授業をするというのがほとんどです。

自宅からの授業だとその先生の住んでいる環境に左右されてしまいますが、オフィスだとインターネットはもちろんビデオチャットの映像、音声が比較的安定しているので、「つながらない」、「聞こえない」、「見えない」といったトラブルは少ないです。

3、無制限で何度でもレッスンができる

ネイティブキャンプの最大のメリットはこれですね。値段は基本的に一律で月額費用さえ払えば、何度でもレッスンができることです。

1レッスン1いくらという英会話学校は一見安いようで、何度もレッスンをやっていたら実は高くつきます。そもそも1レッスン25分しかないので、本気で英語を覚えたいなら1日1レッスンでは全然足りません。時間が許すなら、1日に何時間でも会話をしていたほうが当然英語の上達が早くなります。

それを何ヶ月、何年も続けていれば必ず英語がある程度は話せるようになるはずです。まずは英語を話すことを習慣付けることから始めたらいいでしょう。

4、無料体験ができる

今なら7日間無料で体験レッスンが受けられます。この期間中にも全機能が使えて、それもレッスンも無制限でできます。体験レッスンだと普通は1回か2回しか受けられない、という学校がほとんどですが、ネイティブレッスンでは何度でも試すことができるのがすごいです。

>>NativeCAMPの詳細を読む

まとめ

同ブログでは英語はネイティブスピーカーと勉強するべきだと言っています。その考えは今でも変わりません。ただ、ネイティブの講師と勉強するのはどうしても高くなる、というのが現状です。

もし、ネイティブか、ネイティブじゃないかにこだわりがなく、とにかく英語で話す機会が欲しい、英会話をしたいというのであれば、ネイティブキャンプは自信を持っておすすめできます。

>>NativeCAMPの詳細を読む

関連記事

ネイティブキャンプ英会話、無料体験レッスンの詳細を大暴露

ネイティブキャンプの評価と口コミ!実際に無料体験した感想