ビジネス英会話が習える3つの学校を比較してみた

この記事は 約5 分で読めます。

ビジネス英会話を習いと思っている人のためにいくつかの英会話スクールについて調べてみました。メリット、デメリットと共に紹介します。

1、Mainichi Eikaiwaビジネス英会話コース

まずはデメリットから

サイトが使いずらい

Mainichi Eikaiwaの最大の欠点はサイトの使いずらさです。オンライン英会話なのにいまだにリアルタイムに予約ができず、メールによる予約しかできないというのは正直かなり面倒です。もし大手のようなシステムを採用すれば使い勝手が改善されて、文句ないんですけどね。

教師の数が少ない

最近のオンラインのスカイプ英会話スクールといえば何百人という講師を抱えるのが普通になっていますが、Mainichi Eikaiwaでは20人前後の講師しか確保できていません。これだとピークの時間帯や人気のある教師が生徒のニーズに応えるのは難しいかもしれません。

続いてメリットを紹介します。

ネイティブ講師と勉強できる

Mainichi Eikaiwaの最大のメリットはこれでしょう。最近の英会話スクールはどコスト削減のためにフィリピン人講師を採用しています。

このブログでは何度も言っていますが、英語を勉強するなら絶対にネイティブ講師と勉強するべきです。フィリピン人講師が下手だとは言いませんが、やはりネイティブと比べると英語には雲泥の差があるからです。初心者こそネイティブの話し方、癖、ボキャブラリーを真似することで上達を図るべきなのです。

授業料が安い(1レッスン50分=1,780円~3,000円)

そしてもうひとつの大きなメリットはなんといっても値段の安さにあります。50分のレッスンがなんと1,780円~3,000円という低価格で受けることができます。ネイティブ講師のレッスンでこの値段は業界では最も安い価格帯といえるでしょう。

スカイプで授業が受けられる

Mainichi Eikaiwaはオンラインスクールなので、自分の好きな時間に合わせてスカイプで授業を受けることが可能です。このおかげでかなり時間的余裕ができるはずです。

通学式の学校だと、学校と家の往復だけでも時間を吸い取られ、さらに交通費までかかるのでそれだけコストがかかります。

一方でオンラインなら自宅でできるのでコスパが上がるのはいうまでもないでしょう。

>>Mainichi Eikaiwaのオンラインビジネス英会話コースの詳細はこちら

2、Gabaビジネス英会話コース

デメリット

オンラインで受講できない

Gaba英会話は、全授業がリアルの学校で行われます。そのためもし自分の家の近くにスクールがない場合、そもそも受けられないといったデメリットがあります。都心に住んでいる人はまだいいですが、郊外や田舎に住んでいる人にはあまりおすすめできません。

講師がネイティブとは限らない

Gabaは講師について全員が「ナチュラル・イングリッシュ・スピーカー」であると説明しています。しかしこれはやや消費者を混乱させる表現ですね。

ネイティブ・スピーカーというと語弊があるので、「ナチュラル・イングリッシュ・スピーカー」と表現しているのは明らかで、講師の全員がネイティブではないことが分かります。

ネイティブ講師にこだわっていないということはおそらくかなりの割合で、非ネイティブの講師がいることが想像できますね。

授業料が高い(レッスン単価6,500~7100円)

通学式で、リアルのマンツーマンクラスの最大のデメリットはやはり値段でしょう。Gabaは40分のレッスンがおおよそ6,500~7100円の間になっています。ネイティブでもない先生にこれだけ払う価値があるかどうかは疑問です。

メリット

カウンセラーがいる

Gabaの特徴としては英語のカリキュラムや学習プランをカウンセラーと共に組み立てることができる点です。長期的にしっかりと予定を立てたい人にはもってこいです。

無料体験ができる

Gabaでも無料体験ができます。学校の雰囲気、先生の感じなどをつかみたい人は無料体験してみるといいでしょう。

>>Gabaのビジネス英会話の詳細はこちら

3、ベルリッツ英会話スクールビジネス英会話コース

デメリット

オンラインで受講できない

ベルリッツも完全なる通学式の英会話学校です。その教室は大都市に限られ、全国を網羅しているとは言いがたいです。地方や田舎に住んでいる人にはおすすめできないですね。

授業料が高い

ベルリッツの授業料(マンツーマン)は40分のレッスンあたり約6,000~8,000円となっています。これだとちゃんと覚えるには1ヶ月数万円の出費は覚悟する必要がありそうです。

メリット

ネイティブ講師と勉強できる

ベルリッツは全講師がネイティブである数少ない学校のひとつです。それも採用されるハードルが高いため、質の高い講師を揃えています。授業料が高い分、質で勝負している学校といえるでしょう。

カウンセラーがいる

ベルリッツにも専門のカウンセラーがいて、生徒のカリキュラム、方向性をサポートしてくれます。どんな計画で勉強していけばいいかなど、困ったことがあったら何でも聞けるのはいいですね。

無料体験ができる

ベルリッツでも無料体験ができます。学校の設備、講師、雰囲気などを実際に自分の目で見ることができるのはいいと思います。入学する前には必ず無料体験をしてみましょう。

>>ベルリッツのビジネスコースの詳細はこちら

まとめ

前述の3校を比較するとこんな感じになります。自分の目的、条件に合った学校でまずは無料体験をしてみましょう。

学校MAINICHI EIKAIWAGabaベルリッツ
値段☆☆☆
オンラインありなしなし
無料体験ありありあり
カウンセラーなしありあり
ネイティブ講師全員講師による全員

>>Mainichi Eikaiwaのオンラインビジネス英会話コースの詳細はこちら

>>Gabaのビジネス英会話の詳細はこちら

>>ベルリッツのビジネスコースの詳細はこちら

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
スカイプ・オンライン英会話
映画で英語ドットコム