ブレードランナー2049の英語の名言名セリフまとめ

この記事は 約6 分で読めます。

SFマニアに大人気の超大作「ブレードランナー2049」。意味深なセリフの多い、本作から英語の名言、名セリフをまとめて紹介します。

1、I did your job once. I was good at it.

「俺もかつて君の仕事をやっていたんだ。いい腕してたんだよ」

リック・デッカードがKに対して言った言葉です。

リック・デッカード: I did your job once – I was good at it. 俺もかつて君の仕事をやっていたんだ。いい腕してたんだよ
K: Things were simpler then. 当時は物事が今よりシンプルだったからね。

simplerは「simple」の比較級で「よりシンプルだ」、「もっと簡単だ」という意味になります。

2、 Sometimes in order to love someone, you got to be a stranger.

「誰かを愛するには、ときには他人にならないといけないんだ」

リック・デッカードが自分の娘について話したセリフです。

strangerは「見知らぬ人」、「他人」を意味します。

3、You’ve never seen a miracle.

「お前は奇跡を見たことが一度もないんだ」

サッパー・モートンがKに言ったセリフです。

You’ve never seen~で「あなたは~を見たことが一度もない」というフレーズになります。

4、Pain reminds you the joy you felt was real.

「痛みは、自分が感じた喜びが現実のものだったってことを思い出させてくれる」

ウォレスのセリフです。

to remind someone で「誰々に思い出させる」というフレーズになります。

5、Every civilization was built on the back of a disposable workforce.

「全ての文明は使い捨ての労働力によって建設されてきたんだ」

ウォレスのレプリカントに対する考えを象徴する言葉です。

civilizationは「文明」を意味します。

6、Replicants are like any other machine – they are either a benefit or a hazard. If they are a benefit, it’s not my problem.

「レプリカントは他の機械と似たようなものだ。有益が有害かのどっちか。もし有益だったら、俺にとっては問題ではない」

リック・デッカードのセリフです。

benefitは「利益」、「役に立つもの」を表すのに対し、hazardは「危険なもの」、「障害となるもの」を表しています。

7、Her eyes were green.

「彼女の瞳は緑色だった」

リック・デッカードがレイチェルの瞳について言ったセリフです。

greenは場合によっては日本語では「青色」と約されることもあります。

8、Is he real?

「彼は本物かい?」

Kがリック・デッカードの犬について質問したセリフです。

K: Is he real? 彼は本物かい?
リック・デッカード: I don’t know. Ask him. さあどうかね。自分でも聞きな。

9、Someone lived this, yeah. It happened.

「これは誰かの実際の記憶よ。そう、実際に起こったことなの」

アナ・ステリンが泣きながら言ったセリフです。自分の記憶だと気づいていたんでしょうか。

10、 I always told you. You’re special. Your history isn’t over yet. There’s still a page left.

「いつもあなたに言ってるでしょ。あなたは特別なの。あなたの歴史はまだ終わってないわ。まだページが残ってるもの」

ジョイがKに言ったセリフです。

~isn’t over yetで「~はまだ終わっていない」というフレーズになります。

11、I have memories, but I can’t tell if they’re real.

「記憶があるんだけど、それが本物がどうかが分からないんだ」

Kが自分の幼い頃の記憶について話すセリフです。

I can’t tell if~はこの場合、「~かどうかはっきりしない」、「~かどうか分からない」というニュアンスになります。

12、I have… millions.

「何百万人っているよ」

ウォレスのレプリカントについてのセリフです。

リック・デッカード: You don’t have children, do you? お前には子供がいないだろ?
ウォレス: I have… millions.何百万人っているよ

13、You do not know what pain is yet. You will learn.

「お前はまだ痛みがどんなものか知らないんだ。そのうち知ることになるだろうけどね」

ウォレスがリック・デッカードに言ったセリフです。

You will learnは直訳すると「学ぶだろう」、「学習するだろう」といったニュアンスになります。

14、Dying for the right cause is the most human thing we can do.

「正しいことのために死ぬのは私たちができる最も人間的なことよ」

フレイサがKに言ったセリフです。

to die for the right causeで「正しいことのために命を賭ける」、「正しいことのために死ぬ」という意味になります。

15、That’s not a name. That’s a serial number.

「それは名前じゃないだろ。シリアルナンバーだ」

リック・デッカードがKの名前を聞いたときに言ったセリフです。

リック・デッカード: That’s not a name. That’s a serial number. それは名前じゃないだろ。シリアルナンバーだ
K: All right. *Joe* 分かったよ。それなジョーだ。

16、 The key to the future is finally unearthed. Bring it to me.

「文明の鍵が掘り起こされた。私のところへ持ってくるんだ」

レイチェルの娘に対するウォレスのセリフです。

to unearthは「発見する」、「掘り起こす」などの意味合いがあります。

 

関連記事

>>ブレードランナー2049のあらすじを結末まで徹底紹介!

>>ブレードランナー2049の海外の評価と感想まとめ

>>ブレードランナー2049のトリビアまとめ完全版【ネタバレ】

>>ブレードランナー2049のラストの意味を解説!続編はあるの?

>>ブレードランナー2049ジョイ役の女優アナ・デ・アルマスって誰?

>>ブレードランナー 2049は死ぬほどつまらない!ネタバレと感想

スポンサーリンク
この記事が気に入ったら
いいね!しよう
最新情報をお届けします。
SF
映画で英語ドットコム