2017/07/21

映画を字幕なしで見るための英語の勉強方法

Couple sitting on sofa watching television with bowl of popcorn smiling

洋画を字幕なしで見る、というのは英語学習者にとっては一つの大きな目標だと思います。単純に字幕なしで見ることが恰好いいから、リスニングが上達した証拠になるから、映画の理解が深まるから、など人によって動機や理由は様々でしょう。

ただひとつ言えるのは映画ファンにとっての最大の利点は日本公開されていない作品も楽しめるようになることです。

実は日本で公開されている洋画はほんの一部で実際はその何十倍もの数の映画が毎年欧米では公開されています。英語力が付けばわざわざ日本で公開されている映画にこだわる必要がなくなるのです。ではそのためには何が必要なのでしょうか。

スポンサーリンク

映画の英語を字幕なしで理解するための5つの勉強方法

1、単語を切り離すスキルをものにする。

リスニングが苦手という人は、単語はある程度知っているけど、会話の中で早口で喋られると、一つ一つの単語が聞き取れない、という問題が生じると思います。

英語の音に耳が慣れていないときによくあることで、言われていることが全て一つのつながった音にしか聞こえず、意味が頭に浮かばない状態です。

そんなときは日本語字幕ではなく、英語字幕を付けてみるのがおすすめです。すると文字として単語、単語を切り離して理解できるようになり、それに合わせて音を聞いていくことで耳が慣れていきます。

2、フレーズをまるごと覚える。

英会話にはある程度のパターンがあります。状況によって人が使うフレーズというのは似たり寄ったりなのです。そうしたフレーズを丸暗記することにより、同じフレーズが映画で使われたときに、すでに慣れ親しんでいるため理解しやすくなります。旅行、ホテル、レストランなど状況に応じたフレーズを一つ一つ覚えていきましょう。

3、何度も同じ映画を見る。

好きな映画なら時間を置いて何回も視聴したくなるものです。どうせ何度も見るなら登場人物のセリフを覚えてしまうぐらいの意気込みで見てみましょう。

最初は英語字幕を付けて、ある程度セリフを覚えてきたら、英語字幕を外して登場人物と同じタイミングでセリフを口にしてみましょう。もちろん全登場人物のセリフを覚える必要はありませんが、好きな登場人物の、好きなシーンのセリフは言えるようにするだけでもだいぶ上達します。

さらなるスキルアップには、、、

4、リスニングアップにおすすめの英語教材

sekai
リスニングパワー、聞き流すだけで英語耳になる効果のある学習法。英語教育、発音矯正の権威スコット先生による日本の学習者に特化した英語教材で、日本語と英語の周波数の違いなど細かい部分にまで研究を進めていった結果開発した大ヒット商品。楽天で英語教材の売り上げナンバーワンを記録しているお墨付きの教材です。


リスニングパワーを購入する

5、映画鑑賞に日本語・英語字幕のオンオフができる動画配信サービス

hulu

人気ハリウッド映画&ドラマが月額933円(税抜き)で見放題のサービスといえば「Hulu」。スマホからでも見られるので通勤、通学の英語学習にももってこいで、字幕を付けたり外したりもできるので自分のレベルに合わせた映画鑑賞ができます。2週間はお試し期間で完全無料。途中で退会した場合には一切費用がかかりません。

今すぐ無料登録する