2015/11/01

オンリー・ゴッド

onlygo5

「オンリー・ゴッド」はライアン・ゴズリング扮するジュリアンとその家族がタイの裏社会で生きていく様子をつづったスリラーです。セリフは少な目ですが、その少ないセリフの中に登場人物の強烈なキャラを描いた見事なやり取りがあるのでその辺を見ていきましょう。

登場人物の中でも特に迫力があったのがジュリアンの母クリスタルです。ファミリーのビジネスを裏で取り仕切るやり手の彼女はあらゆる場面で自分の権力と威厳を誇示します。それが如実に表れているシーンをピックアップしてみました。

クリスタルは長男の死を聞きつけバンコクに降り立ち、高級ホテルに着きます。そこでの受付の女性とのやり取りです。

onlygo

ホテルの受付:Hello , good morning .

いらっしゃいませ。おはようございます。

クリスタル:I’m checking in.

チェックインよ

「~したい(want)」など自分の欲求を表すのではなく、「チェックインするから」と自分の行動を現在進行形で言い表している態度がインパクト大です。

ホテルの受付:One moment, please. I’m afraid the room wouldn’t be ready until four o’clock. It’s a policy.

少々お待ちください。恐れ入りますが、お部屋は4時にならないと準備が整いません。これも決まりでして。

I’m afraid ~はこの場合「申し訳ありませんが~です」、「恐れ入りますが~です」という意味で、「~するのが怖い」という意味合とは少し違います。「policy」は英語で頻繁に登場する単語で「規定」や「決まり事」を指しています。

クリスタル:Get your manager.

マネージャー呼びなさい。

Get someone で「誰々を捕まえる」といった意味になり、この場合では「連れてきなさい」というニュアンスで使っています。

ここで受付の女性は電話をとって上司を呼び出します。

ホテルの受付【タイ語】: Sir , could you please come to Front section briefly ?

あの、フロントまで至急きていただけますでしょうか。

onlygo2

ホテルの受付:He’ll be here in a minute.

すぐ参りますので。

主語+will be here in a minuteは「すぐにここに来ます」、「直ちにここに来ます」といった意味になります。主語+will be here in a second.と言ったりもします。

クリスタル: What’s your problem?

なにが問題なんだい?

ここでマネージャーが登場します。

onlygo4

ホテルの受付(上司に向かって)【タイ語】: :There were guests who wish to speak with you .

お客様が話がしたいとのことなのですが。

マネージャー: Good morning, madam. How may I help you?

おはようございます。なにかありましたでしょうか。

クリスタル:Listen to me. I have just traveled 10,000 miles to see the corpse of my first-born son. I haven’t slept in 30 hours. And this bitch says I can’t have my room.

いいかい。私は長男の死体を見るために1万マイルも飛んできたばかりなんだよ。30時間も寝てないのに、このビッチが部屋に入れないって言うのよ。

to have just +過去分詞で「~したばかり」という意味になります。「私は食べたばかりです」という場合には「I have just eaten.」となります。

onlygo3

見るからに金持ちそうで、見るからに怖そうなこんなおばさんにクレームを受けたら凍り付いてしまいますね。この後、クリスタルはクレームのかいもあって見事にホテルの部屋に入ることに成功します。彼女はホテルポリシーですら変えてしまうのです。